九宮秘行とは

 
九宮秘行(きゅうきゅうひぎょう)とは、人間の「九つの進化の段階」を探求する9日間のワークショップ。「自分」という枠を超越するプロセスを体験します。さまざまな切り口やレイヤーで丁寧に深く秘行を実践すると同時に、あなたの中に隠されてきた九つの宮殿を巡っていきます。

秘行について

 
秘行とは、自分自身を眺めることで起こる変化によって問題を超えていくメソッド。問題に出会ったとき、それを解決しようとするいかなるアプローチとも異なる、もっともシンプルで大変奥深いワークです。
 

 ・ 秘行者(秘行の実践者さまたち)から届いたご感想 ※準備中です

九宮秘行エクササイズ体験

 

九宮秘行は、プロセスをやさしくたのしく歩めるよう、厳選されたシンプルで実践的なエクササイズを網目のように組み合わせて構成されています。

参考動画:瞳のクレンジング(トラウマの核心部を解放するエクササイズ)

 

九宮秘行ワークショップ

 
ワークショップの後半では、お一人ずつに対して壇珠と清蓮による「九宮秘行特別個人伝授」を行います。2名の講師と共に行う3者のみでの特別なセッションです。その方にとって十分なお時間をかけながら行うため、1回のワークショップにご参加いただける方は12名限定となります。第三部まで修了すると師範代のライセンスが取得でき九宮秘行講師(壇珠と清蓮)主催の九宮秘行ワークショップ内で共に「九宮秘行 第一部」の指導に当たることができます。 

自分で自分をみる
他者の視点だと自分が思うものを通して自分をみる
宇宙が宇宙をみる

講師紹介

意識のアルケミスト
壇珠(Tanjyu)
イタリアに居住。30歳から意識の学びと研究を続け、2012年に秘行瞑想を考案する。 奇妙な人生を綴った「自伝」を執筆後、ワークショップや講演などのイベントを行う。

 ▶︎壇珠 -Tanjyu- Official Website

 
 
 
 
 
身体のアルケミスト
清蓮(SeiRen)
 
13歳から20年間にわたって道家茅山上清派他、数々の流派の秘儀秘術を学ぶ。